注意事項

出会い系サイトは、児童売春などの犯罪行為に利用されることも多く、平成15年に援助交際などの犯罪被害から児童を守ることを目的とした「出会い系サイト規制法」が施工されました。

出会い系サイトを利用して18歳未満の相手を誘うことは、法律によって禁止されています。たとえ相手が年齢詐称していた場合でも「知らなかった」は通用しません。18歳未満の相手を誘うような書き込みをしないことはもちろん、18歳未満と思われる相手とはやり取りをしないなどの注意が必要です。

出会い系サイト規制法では、出会い系サイトの運営会社にも「都道府県公安委員会にインターネット異性紹介事業の届出」「利用者の年齢確認」「援助交際の恐れがある書き込みの削除」が義務づけられています。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも、法令に基づいて「インターネット異性紹介事業の届出」や「利用者の年齢確認」をしっかり実施している出会い系サイトを選ぶことが重要です。他にも「特定商取引法」や「個人情報保護法」に関する表示も参考になります。

各種法令に基づいて運営されているかどうか確認するだけで、架空請求や迷惑メールなどの悪質業者も回避できる可能性が高まりますので、是非参考にしてみてくださいね。